ひきこもりだった自分が通信制高校で変われた




体の不調と怠け心のために不登校が続き

小学校高学年の頃から不登校気味になり、中学校に進むとほとんど学校に出席することができなくなってしまいました。ひどいいじめがあったとか学校が嫌いだったというわけではなかったのですが、自分でも原因がよくわからない体の不調と怠け心のために、不登校がどんどんひどくなっていきました。両親は自営業だったため常に側にいたために、気にかけてもらっていたものの、どうしても外に出ることが億劫となって次第に自室にひきこもり、食べる時も練る時も部屋の中から出られない状態になってしまいました。当然ですがそのような状態では高校への進学もままならずに、形的には中学校を卒業した事にはなりましたが、学力もほとんど身につきませんでした。

通信制高校 偏差値
つくば開成高等学校

何気なく検索してみた通信制高校の記事に

もともと小学校の頃は成績が良かったはずだったのに、卒業する頃には本当に底辺です。ものすごく投げやりでどうでもいいような気持ちで卒業の日を迎えたことを覚えています。もちろん卒業式にも出席することはしませんでした。このままではいけないとわかっていたのですが、家は比較的裕福だったので必要な物はたいてい手に入るし、両親もしばらくすると諦めたのかひきこもりの自分に対して特に何も言わなくなっていたこと、そして何よりも自分に気力がなかったために、それ以降もひきこもり生活を改めることはありませんでした。そのような状態が1年ほど続いたのですが、何気なく検索してみた通信制高校の記事に思わず目を奪われてしまいました。

つづく定期的に学校に通う必要がない
TOP